完成!濃紺のぐい呑み

f0342255_09280196.jpg
釉掛け時に、釉が厚いかなと思いながら焼いた
ぐい呑み。

釉が流れて棚板にくっついてしまったものもありますが、
大半は無事に焼きあがりました。


f0342255_09280715.jpg
水洗いをしたばかりですので、湿り気で濃紺が一段と際立っています。

f0342255_09281410.jpg
無事に焼きあがったものでも、
高台部分まで流れた釉薬が底ギリギリで止まっています。

そして柄は、何とか見える市松模様以外にも
テスト的な装飾があったのですが、

釉が厚かった影響で、紺色の中に埋もれてしまいました。


f0342255_09282091.jpg
そして、ひとつだけ作った面取り片口です。

形自体は可愛いと思いますが、(予想どおり)口のキレがイマイチ!

花器にでもするかな?




ランキングに参加しています・・・ ポチッっとお願いします ^^ 

 
 陶芸 アート・デザイン

にほんブログ村 陶芸
http://art.blogmura.com/ceramics/

陶芸ブログランキング
http://blog.with2.net/link.php?1721015



Commented by hitsuji-teshigoto at 2017-05-29 20:55
パッキリ白が出るよりも、
この滲み、好きです^^
素敵ですね^^
Commented by satohit at 2017-05-30 09:23
> 南穂さん

ありがとうございます。
白化粧や釉薬の厚みや焼成の状態によって
器の表情が変わってしまいます。

本当は、ちゃんとコントロールできるようになりたいです。^^;


by satohit | 2017-05-28 07:53 | 作品 | Comments(2)

横浜市神奈川区でコツコツと陶芸生活。陶芸作家としての軸足を模索中!


by とうらく